4/10

居酒屋の店員であるため仕事柄、夜勤というよりも夜型の生活を送らざるを得ませんでした。化粧をしっかり直す暇も汗を拭く時間もままならないくらい忙しい時も多いので、敏感肌の私は肌荒れがひどくならないよう、ファンデーションそのものよりも下地に気を使っていました。

 

まず

化粧前に保湿をしっかりすることで余計な皮脂を分泌させないようにし、化粧崩れを抑えるようにします。

 

最初に塗る下地には乳液と化粧下地を1:1で混ぜて手の甲に乗せ、肌温度で馴染んで伸びがよくなったものを顔につけます。

 

その上からさらに下地を載せますが重ね付けの下地量は2分の1にとどめ、浮いてくるようであればティッシュで優しく押さえます。

 

その分ファンデーションは適量よりも少なくして使用しますが、リキッドタイプのものを使用します。パウダータイプだと化粧崩れを起こした時にわかりやすいためですが、それでも崩れてしまった時は化粧を拭き取るのではなく、できるだけ肌に負担をかけないようティッシュで抑える程度にします。

 

その後時間があれば、スプレータイプのボトルに肌荒れに効果があるローズやカモミールなどのオイルを数滴、ぬるま湯に溶かしたものを用意し、ティッシュに染み込ませてから顔を1分間ほど覆います。

 

ぬるま湯で作るのは蒸気を利用して、香りを出すことでリラックス効果を求め、短時間でオイルの成分を肌に浸透させ水分を補う効果を発揮させるためなので、あまりビシャビシャにせず水分を含ませる程度に留め、その後できるだけ清潔に保つようにするだけです。

 

個人的な肌質のせいでもありますが崩れた上にさらに化粧を施したとしても余計に肌を刺激してしまい、肌トラブルにつながるためこのような方法をとっています。

 

ファンデーションについては、やはり夜はできるだけ肌に優しいものを選ぶようにしています。
私の姉が看護師なので、夜勤のときのファンデーションを教えてもらったのですが、みんな肌に優しいミネラルファンデーションを使っている人が多いそうです。

 

看護師は給料がいいので、みんな値段は気にせず、いいものを買うようです。

 

私はなるべくお金をかけたくないので、あまり高いものを買う気はないのですが、
姉に聞くと、結構高品質なものでリーズナブルなものもあるそうなので、今色々調べているところです。

 

看護師に人気♪夜勤で肌荒れしないオススメファンデーション3選!